全品送料無料※一部商品を除く
※北海道・沖縄・離島を除く
0120-710-617営業時間 9:30~17:00 土日祝休み
全ての商品
全ての商品

疑問を解決!どんなフォントもロゴに使っていいの?

お店のファンづくり=ブランディングを行う上で欠かせないのが、「店舗のロゴ」です。ロゴがあればオリジナルのカップや袋が作れたり、認知アップで集客に効果が出たりとメリットがたくさんあります。もし今、ロゴをお持ちでなければぜひ作ることをおすすめします。

ロゴをつくると聞くと少しハードルが高いと感じるかもしれませんが、実はパソコンなどに入っている文字の「フォント」を活用することでも十分にロゴは作成することができます。
ただし、どんなフォントでもロゴ作成に使用できるわけではありません。

そこで今回はロゴの重要性と、ロゴ作成で使用できるフォントの例や、作成時の注意点を紹介します。ロゴを上手く活用して、ぜひ集客アップにお役立てください。

ブランディングにおける「ロゴ」の重要性

ロゴは、店舗のブランディングに欠かせない重要な要素です。まずは、ブランディングについての簡単な解説と、大切な要素の「ロゴ」についてご説明します。

ブランディングとは?

ブランディングとは、「ブランドを形作る活動」を指します。言い換えると、「〇〇といえば、あのお店!」というように、店舗らしさを認識してもらうことです。

ブランディングを上手く進めることでお店のファンが生まれ、集客に繋がったり、購買のきっかけを作ることができます。

店舗のブランディングにロゴは必要不可欠

店舗のブランディングは時間と手間がかかり、一朝一夕ではできません。しかし、ロゴがあると、次に挙げるメリットにより、ブランディングを進めやすくなります。

 

  • 見た人の記憶に残る
  • 店舗の認知度が向上する
  • 店舗のイメージ形成を促す
  • 従業員の結束力を高める

 

人の脳は、イラストや写真の方が、文章よりも記憶に残りやすいといわれています。店舗の雰囲気やコンセプトを感じられるようなロゴであれば、認知度を向上させると同時に、店舗のイメージ形成にもつながるでしょう。

また、ロゴは利用者や取引先だけでなく、お店の従業員にも良い影響を与えます。ロゴを見るたびに「どんな店舗を目指していきたいか」を再確認でき、全員が同じ方向を向いて仕事に取り組めるようになるからです。

フォントをロゴにするのはあり?

ロゴには、大別すると「ロゴタイプ」と「ロゴマーク」との2つの種類があります。

 

ここではそれぞれの違いを踏まえながら、フォントをロゴにする際のメリット・デメリットや、使用できるフォントの種類を見ていきましょう。

ロゴタイプとロゴマークについて

ロゴタイプは、文字にデザイン要素を加えたもので、デザイン要素が強いものはシンボルロゴタイプとも呼ばれます。

 

(例)

疑問を解決!どんなフォントもロゴに使っていいの?

ロゴタイプ

 

疑問を解決!どんなフォントもロゴに使っていいの?
シンボルロゴタイプ

 

 

ロゴマークとは、抽象化した絵(シンボルマーク)と文字(ロゴタイプ)を組み合わせたロゴです。

 

(例)

疑問を解決!どんなフォントもロゴに使っていいの?

ソニー(SONY)やキヤノン(Canon)・ヤフー(Yahoo!)などの企業で使われている、文字自体がデザインされたロゴは「ロゴタイプ(シンボルロゴタイプ)」に分類されます。シンボルマークとロゴタイプを組み合わせた「ロゴマーク」だと、三菱やトヨタなどが有名です。

2つのどちらを選ぶかは、店舗のブランディングにおいて「何を優先したいか」を基準にするといいでしょう。ロゴタイプは、「まず店舗の名前を覚えてほしい」「店舗名に自分の名前を入れたい」という場合にオススメです。

対して、ロゴマークは「店舗のシンボルを作りたい」「店舗のコンセプトを視覚的に訴えたい」という場合にオススメです。ただし、シンボル・マークとロゴタイプどちらも作成することから、工数が増え、その分必要な予算が増えてしまいます。

ロゴタイプで認知度を上げ、予算が確保できてからロゴマークに移行するケースもあります。

ロゴ制作には費用がかかる

先ほど紹介したように、ロゴマークのように工数が多いロゴ制作では、その分費用がかかります。店舗を初めて出す場合や、資金力にまだ自信がない場合、まずはフォントのみを使用したロゴタイプを作成してはどうでしょう。

もちろん、ロゴタイプをプロ(企業)へ制作依頼するときには、相応の費用がかかります。信頼性を感じられる精巧なロゴタイプを制作してもらうためには、安くても5万円ほどの予算は準備しておくと安心です。

ロゴに使えるフォントってどんな種類があるの?

ロゴに使えるフォントは、さまざまな種類があります。その中でも、使用しやすいフォントは次の5つです。

モリサワ(Morisawa)

モリサワのフォントを店舗のロゴ作成で使用したいときは、該当するフォントを購入し、ユーザー登録します(Morisawa Passport以外)。使用許諾契約の範囲内であれば、追加の使用料を必要としません。ただし、作成したロゴの商標・意匠登録は不可です。

フォントワークス

フォントワークスでは、「モトヤLETS」以外は特別な手続きなしで使用・商標登録が可能です。「モトヤLETS」もロゴ作成で使用できますが、商標登録をする場合は、申請前の有償契約と図案の提出が必要となります。

また、フォントワークスが提供する新サービス「もじも(mojimo)」のフォントも、ロゴ作成で使用可能です。ただし、商標登録をする場合は、フォントのタイプフェイス(デザイン)やプログラムの独占使用はできません。

Adobe(アドビ)フォント

膨大な数を誇るアドビフォントの中でも、制作者が「アドビ」となっているものは、申請なしでロゴの作成や商標登録が可能です。合わせて、著作権で保護したり、商品に使用することもできます。

Googleフォント

Googleフォントでは、900以上ものフォントを無料かつ登録なしで使用可能です。ただし、商標登録はできません。

フリーフォント

誰でも無料で使用できる「フリーフォント」を使用するのもおすすめです。変わった形の文字など、他に無い魅力的なものが見つかるかもしれません。

ただし、ロゴ作成や商標登録ができるかどうかはフォントによって異なります。商用利用が可能なフォントでも、商標登録ができない、あるいは申請前の連絡が必要な場合もあります。

 

次項では、ロゴ作成時の注意点を解説します。「せっかく作ったロゴマークが使えない!」なんてことにならないようにしっかりチェックしてくださいね。

そのロゴ大丈夫?作成時のポイントと注意点

疑問を解決!どんなフォントもロゴに使っていいの?

せっかくロゴが完成しても、利用規約の違反などで「使えなくなった」となれば、作成費用が無駄になってしまいます。このような事態を避けるためにも、ロゴを作成するときには次のようなポイントに注意していきましょう。

フォントの場合は利用規約をチェックしよう

企業が販売しているフォントはもちろん、フリーフォントにも「利用規約」があります。ほとんどの利用規約には、「商用利用が可能かどうか」について記載されているため、事前に必ずチェックしましょう。

他のお店と似ていない?

既存のフォントをベースに作成したロゴは、他の店舗と似通ってしまうケースもあります。商標登録されているロゴと似たものを使ってしまうと、「商標権の侵害」という法律上の問題に発展しかねません。

そのため、ロゴを完成させる前には、似たようなロゴがないか必ず事前調査しておきましょう。

事前調査の方法としては、Googleの画像検索と特許情報プラットフォーム(J-PlatPat) が便利です。画像意匠広報検索ツール を使えば画像での検索もできるので、一度アイディアをチェックしてみるのも良いかもしれません。

せっかく作ったロゴ、その使い方で大丈夫?

商標登録も問題なく、ようやく完成したロゴをSNSなどで使用する場合にも、注意点があります。それは、「完成したロゴを変形させずに、そのまま使う」ということです。

ロゴを使用するたびに色や比率を変えてしまっては、ロゴや店舗のイメージが定着しにくくなります。ブランディングを成功させるためには、色や比率、解像度など使用時のルールをあらかじめ決めておきましょう。

また、LINEやInstagramなどのSNSでロゴを使用する場合は、表示される範囲に合わせて形を変えるのも1つの方法です。アイコンは円形で表示されるため、中心部にフォントが見えるように調整しましょう。

フォントをうまく活用してロゴを作ろう

店舗のロゴは、フォントをうまく活用することで作成可能です。最後に、ロゴを作るメリットと作成のポイントを、まとめと共に振り返っていきましょう。

ブランディングに効果的

ロゴは視覚的な訴求力が高く、店舗のブランディングに欠かせない大切な要素です。これから店舗を開く方も、事業を拡大していく方も、自身のブランド(店舗らしさ)を広げていきたいなら、ロゴをきちんと作っておくことをおすすめします。

ブランディングが成功すればお店のファンが生まれます。ファンが生まれれば口コミやSNSの投稿などを通じて、長期的な売上が期待できるはずです。

自分で作るのもアリ

先ほど紹介したように、ロゴはフォントを使用しても作成することができます。プロに依頼することはもちろん、自作することもアリです。伝えたいコンセプトを念頭に工夫を重ねれば、予想以上に見栄えがよく、満足のいくロゴが完成するかもしれません。愛着もわき、その後の仕事もより意欲的に取り組めるでしょう。

もちろん作成の際は、利用規約をよく読み、商標調査を行った上で作成してくださいね。

まとめ

お店のロゴは、お客さまからの認知度を高めるだけでなく、お店に関わるスタッフの皆さんのモチベーションアップにも役割を果たします。予算がなくても、フォントを工夫することでステキなロゴタイプを作ることができます。まずは気軽にトライしてみてはいかがでしょうか?


「店舗の顔」となる魅力的なロゴを作成した後は、そのロゴを使ってテイクアウト容器やお持ち帰り用袋などに名入れをして、認知度アップと集客、お客様のさらなるファン化につなげましょう!


 

同じカテゴリの記事

PAGE TOP